「こころカフェゆるの木」心が晴れる☆幸運体質になる☆人間関係が楽になる☆ほっと笑顔になるHappy心理&レイキヒーリング

学校・職場・家庭の人間関係を癒すカウンセリング、心理療法、レイキヒーリングサロン&スクール

 

〒193-0834 東京都八王子市東浅川町537-23-102

リフレクソロジーの効果と利点

リフレクソロジーの効果と利点

IMG_3508_2
リ フレクソロジーとは、体の一部分に、体全体のことが反射投影されているという理論に基づくセラピーです。アメリカ人医師であるウィリアム・フィッツジェ ラルド博士(1872年 – 1942年)が、臨床経験に基づいて「ゾーン・セラピー」という本を著し、後に各地の医療専門家によって、長期にわたる大量の臨床データ収集と医学的検証 に基づき体系化されてきました。
足の裏・掌・顔・耳などにある反射区と呼ばれるゾーンを刺激し、それぞれの反射区とつながっていると考えられる内蔵や内分泌腺の活性化を促します。
足を揉む療法は、古くは4000年以上前の中国やインドでも行われていたといわれ、紀元前2500年頃のエジプトの壁画にも、足や手を揉む人々の姿が描かれているなど、世界各地で古来から行われてきたといわれています。

個人的な体験をお話しますと、私のリフレクソロジー初体験は、長男出産後、急に体が弱くなり、風邪をひいたらなかなか治らない、疲れやすく頑張りがきかない・・・といった不調に2年ほど悩んでいた頃のことでした。
さまざまな体調不良に加えて、その年は生まれて初めて花粉症デビューしてしまい、突然の目のかゆみと鼻水が止まらなくなったのです。

授乳中だったので、アレルギーの薬を飲むことがためらわれ、駆け込んだのがリフレクソロジーのサロンでした。
花粉症っぽい症状が出ているということだけお伝えして、1時間ほど施術していただきました。

すると翌日、花粉症特有の症状がすっかりなくなっていました!果たして、リフレクソロジーの効果なのか、検証できたわけではありませんが、少なくとも間接的ななんらかの効果はあったのでしょう。

施術の間、グウグウ眠ってしまうくらいリラックスできたことは確かで、そうして休息出来たことで症状が悪化せずに済んだとも言えるかもしれません。

それ以来、不調を感じたら気軽にリフレクソロジーを受けに出かけるようになりました。

当時は、PCを長時間使用する仕事をしていましたので、目の疲労もひどく、不調になると、まず肩、首、頭の後ろ・・・とコリが広がり、最後は背中に鉄板を入れたようにガチガチに凝ってしまうことがしょっちゅうでした。
そういう状態で肩や背中を直接揉んでもらうと、場合によっては「揉みかえし」でかえってパンパンに凝り固まったひどい状態になることもありました。

その点、リフレクソロジーは、直接、凝っているところをもむわけではなく、反射区を刺激するので、揉みかえしなどは無く、それでいて効果が感じられるところが手軽で、安心です。

また、施術を受けるときにいろいろな体勢をとる必要がなく、ただ足を出して寝ていればいいというシンプルさも、好きです。

リフレクソロジーは、

・膝から下を出せる服装で
・マットまたは布団の上、あるいは椅子に座って
・仰向けあるいは腰掛けた姿勢で
・施術者の手指、掌を用いて

行います。マッサージオイルやパウダーまたはの専用のクリームを使用することがあります。
施術を受けていただく際には、タオルケット、タオルなどをお掛けして行うことがあります。

手軽に受けていただくことが出来て、また、ご家庭でのセルフケアやご家族のケアにも役立てやすいトリートメントです。

身体の末端にあり、いつも体を支えている足に注意を払い、ケアをすることで、体全体への意識が高まり、心の落ち着きや安心感、満足感が得られます。

気の出入り口とも言われる足をケアすることは、まさに地に足のついた生き方や自分らしさを取り戻すのに最適なケアともいえます。

落ち着かないとき、何かに依存してしまいそうなとき、気持ちがいっぱいいっぱいのときには、是非、足のケアをしましょう。

foot1

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote