「こころカフェゆるの木」心が晴れる☆幸運体質になる☆人間関係が楽になる☆ほっと笑顔になるHappy心理&レイキヒーリング

学校・職場・家庭の人間関係を癒すカウンセリング、心理療法、レイキヒーリングサロン&スクール

 

〒193-0834 東京都八王子市東浅川町537-23-102

ヒーリング

img06
ヒーリングは、気の流れを利用し心身を整える整体法です。気とその施術についてお話しします。

・気って何?
・気の流れがよくなると?
・ヒーリングとは?
・レイキヒーリング

◎記事
・頭痛とレイキ
・冬のレイキ

◎料金
・ヒーリング料金

 

気って何?

image
雰囲気、元気、活気、自然の気、宇宙の気・・・気という文字が入った言葉はたくさんありますが、それでは、人の中を流れる気って何でしょう?

流れる気や、その通路については、経路経絡、プラーナ、チャクラ、フィールド、セン・・・さまざまな流儀、文化による定義がなされていますが、特別な概念を用いることなく、体感しやすい捉え方を、ここではしてみたいと思います。

まず、「気とは、何かと何かの間を流れる動きの中に生じる振動エネルギー」と考えてみましょう。振動エネルギーつまり波動ですね。
波動というと、精神世界の言葉としての意味合いを思い浮かべられる方もいらっしゃるかと思いますが、今回ここではそのイメージについては取り扱わないこととします。
まずは波動という言葉の定義を見てみましょう。

波動: 波のうねるような動き。 空間の一部に生じた状態の変化が、次々に周囲に伝わっていく現象。水の波・音波などの弾性波や、光・X線などの電磁波などにみられる。(大辞林より)

定義2にあるように、「空間の一部に生じた」「状態の変化」つまり空間はどこにあるかというと、何か(物体、生物などが考えられますがこれらに限りません)と何かの間のスキマですね。そこに生じた状態の変化、つまり何らかの「動き」があるわけです。これが、波のうねるような動きとして周囲に伝播していくということです。
一旦、その定義をもとに、それでは、この気=波動がどこに生じるのかをもう少し詳しく考えてみましょう。

キーワードは、「空間」そして「動き」。
たとえば、植物が近くにあると、よい気が出ていて癒されるネ!なんて言ったりしますが、この、植物の「気」はどこで生まれているのでしょうか。植物の中にある空間そして動きといえば・・・そう、水や栄養分を吸い上げる管がありますね!植物の中で細い細い管を通して循環が起こる時に生じる波動が、植物が発する気の源であるとも考えられます。自然の中を見渡してみると、足元の石ころと石ころの間。植物と植物の間、そこにも空間があり、気の流れが生じ、それらがぶつかりあい揺れながらさらに流れ広がっていく・・・。生き物と生き物の間、そして人と人の間にも、それは存在するでしょう。
人にフォーカスしてみます。人の中にある空間、そしてその中に生じる動きとは・・・そうです。植物の中に管があるように、人間にもありますね。血液が流れ循環する血管。体中に張り巡らされた毛細血管の中を、血液が流れ、その動きとエネルギーが波動となり、体全体、そして体の外へと伝わっていきます。そして、60兆個もあるといわれる細胞と細胞の間にも、空間とそして動きが、絶え間なく生じています。

 

気の流れがよくなると?

3-14604867人の気の流れがよくなるとは、肉体的には、血行が促進され良好に循環するようになると考えていただくとイメージしやすいかと思います。血液が毛細血管のすみずみまで流れることで、体内にさまざまな動きと変化をもたらされるでしょう。たとえば、日頃、頭を使うことが多く、身体には凝りや冷えがあり、どうしても頭に血液が集中しがちだった場合、この流れを改善し、全身の血行がよくなることで、脳からの信号が体の各部で正しく処理されるようになり、身体機能の調整・維持・成長に必要なホルモンや、あるいは気分や感情に影響するといわれるホルモンの適切な分泌も行われるようになることが期待できます。
そのことによって、疲労回復したり、疲れやストレスが和らぐ、幸福感が得られる、やる気が出るといった感情面の変化がもたらされることもあります。
また、身体が本来の機能を取り戻すことにより、慢性的に交感神経優位になっている状態から一旦、副交感神経優位の状態に移行し、心身を「休め」の状態にすることが出来るようになります。深くリラックスした状態、回復に向かう準備が整った状態になることが可能なのです。

 

ヒーリングとは

気の性質を利用し、体の全体と各部の流れとバランスを整えていきます。人の周囲に、体内に生じる気の流れ、自然の中に流れる気を整った形で受け取り、自分の中で循環させることが出来るようになり、心身の機能が強化、改善されていくことが期待できます。ゆるの木では、レイキヒーリングやリフレクソロジーを活用した施術を行います。
内臓、血管、神経など、直接手で触れることのできない部分にも、働きかけることができるのが特長です。
また、リフレクソロジーのように直接、身体への刺激を行う場合であっても、そこに生じる気の動き、流れを整えながら行うことで、心身の調整を効果的に促すことが出来ます。

 

レイキヒーリング

IMG_3501_2手のぬくもりが伝わるやわらかいタッチで体を整え心をほぐしていきます。

気の流れがよくなることで、自然治癒力を高め、身体機能を回復させ、心のベースをしっかりと安定させる効果が期待できます。

個人的なお話をしますと、私がレイキヒーリングを始めたのは、整体や、リフレクソロジーの施術に携わるようになった後のことです。手を使った施術を行っていく中で、手技という形にとどまらず、手を当てることそのものによって生じる効果をきちんと理解して持ちたいという思いが生じてきたのです。

もともと、子どもの頃から気の感覚や「手から何か出るよね」という実感は日常的に経験していて、試験前には頭に手を当てたり、第一印象で勝負したいときには顔に手を当てたり(笑)していたくらいなのですが、何か特別なこととは考えず、むしろ誰でも使えるありふれた「気」のようなものととらえており、特定の手法として探求しようと思ったことはありませんでした。けれども前述のとおり、手技を実践していく中で、ひとつの手法として体系立てて理解してみるのも良いのではないか と考えるようになりました。

レイキヒーリングを行いはじめた当初は、他の手技と併用し効果が高まればよいと考えていたのですが、実際に行ってみるとむしろ、気の流れを意識した施術 を中心に行う時間をタップリ取りたいと思うくらい、優れた手法であるということを実感するようになりました。目に見えてわかりやすい例を挙げますと、レイキヒーリングを行わせていただく前と施術後の受け手の方のお顔を比べると、緊張がほぐれて穏やかな表情になっておられたり、また、お顔色に透明感が増し、 スッキリとした感じになっていらっしゃったりします。お声がしっかりしたり、朗らかな感じになったりといった変化もよくお見受けします。

実際に、他の施術と組み合わせてレイキヒーリングを行わせていただくと、回を追うにつれ「手を当てるだけの施術が気持ちよかったからもっとやってほしい」 というリクエストをいただくことが珍しくありません。

レイキヒーリングは、施術に強い圧をかけません(力を入れて押したり揉んだりしません)。体に軽く触れながら施術しますが、タッチといっても、自然に「手を置く」くらいのソフトな用い方をします。
にもかかわらず、レイキヒーリングは、他の手技と比べても、とりわけパワフルで、効果も感じられやすく、シンプルで続けやすいという点でも優れた手法です。

レイキヒーリングは、メンタル面での癒し、リラックス効果も高いのが特徴です。時間をかけて全身に行うことも出来ますし、気になる部分だけの施術も可能です。

他の施術と組み合わせたり、同時に行ったりすることも出来ますが、レイキヒーリングだけを行う静かな時間はまた格別の癒しです。

レイキヒーリングは、reiki1
・ゆったりとした服装で
・マット、布団またはベッドあるいは椅子に座って
・横になった姿勢または座った姿勢で
・施術者の掌などを用いて

行います。特別な道具などは使用しません。
施術を受けていただく際には、タオルケット、タオルなどをお掛けして行うことがあります。

ストレスやイライラが溜まってしまい解消できないとき、うつ症状や子育て疲れ、介護疲れ、対人関係や仕事の悩み、スケジュールがいっぱいで対処できない気分のとき、慢性的な頭痛や肩こりなど、日ごろの習慣が原因となっているお体の不調があるときなどは、レイキヒーリングの出番です。


 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote